読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのうのこと

すてきなあの頃へ

想うということ

noteのアプリをアンインストールしてしまったのでここにかいておく。

ある少女の恋愛観。

タイトルはGRAPEVINE

 

 

 

 

私には好きな人がいる。

視線の先、肩までのボブカット、少し幼げな顔立ち、透き通るような白い肌。

おしとやかで清楚な女の子だ。

教室ではあまり目立たない位置にいて、いつも一緒にいる女の子たちも同じタイプ。

彼女はいつも、静かに喋る。

静かに笑って、小さな顔のサイドに垂れた髪を細い指で耳にかける。

その表情が、仕草が、まるで私とは別の生き物のように思えてくるような。

絵に描いたような「清純な女子高生」を、私はいつも、ただ遠くから眺めている。

それはもはや私の日課であり、生きる糧である。

男女問わず、恋をしている人間は誰しもがそうであると、私は思う。

いつだって、好きな人の姿を探してしまう。

視界に入ると、こそこそと観察してしまう。

今日はいつもと違う髪型だとか、お化粧の感じが違うとか、そういった微々たることにも気付くようになる。

ひょっとしたらこれはストーカーなのではないかと思うこともあるが、たぶん、見えないところで、みんなこういうことをしていると思う。

彼女の姿を追う度に後ろめたくて、ごめんなさい、と思いながらもどうしても見てしまう、気になってしまう、どきどきして、幸せで、それだけでいい、他になにもいらないから、せめてこうやって遠くから眺めることだけは許してください、なんて思いながら、胸がじんと熱くなる。

そういうことを繰り返して、ああ、私は恋をしているんだ、と気付く。

私と同じ女の子に、決して叶うことのない想いを抱いていることに気付いて、途方に暮れる。

直接話せばいいじゃない、と以前誰かに言われた事がある。

私が彼女に恋をしていることを知っている、唯一のクラスメイトに。

その子は男の子で、私と同じように、同性が好きで。

同じ学校の男性教諭とお付き合いをしている、らしい。

そして、私の好きな彼女は、その男性教諭に憧れている。

「異性よりも話しやすいでしょ?」と、その男の子は私に言った。

その時は、曖昧に答えたと思う。

「確かにそうかもしれない」と、思ったこともあった。

だけれど、そんなことは関係ないのだ。

相手が誰であれ「好きな人(しかも完全なる片想い)に話しかける」ということはとてつもない難題だ。

私は、彼女と別段仲がいいわけではない。

かと言って、全く話さないわけでもない。

実に微妙な距離感である。

彼女に話しかける時、私は人生で一番の勇気を振り絞って、そして必ず後悔する。

他愛のない話でも、委員会などの事務的な話でも、私は彼女を前にするとまともに言葉を紡ぐことができなくなる。

そんなときの彼女の少し困った笑顔が、私にとってはとても苦痛だ。

話し掛けてしまってごめんなさいうまく喋れなくてごめんなさい困らせてしまってごめんなさい、負の感情ばかりが頭を巡って、結局会話の内容を全く記憶できない。

ただ、彼女の少し強ばった笑顔が。

警戒心が透けて見える態度が。

怖い。

私は、彼女のこんな表情は見たくなかった、近寄りたいのに、踏み出す度に遠ざかるのはどうしてだろう、もやもやと考えて、好きなのに、仲良くなりたいのに、できない自分がもどかしい。

そんな彼女が一番の笑顔を見せるのが、彼女が好きな男性教諭の授業の時だ。

私は彼女のその笑顔が一番好きだった。

恋する乙女の表情だった。

きらきらしていて、純粋無垢で。

だけれど、彼女と反対側の席に視線を移すと、そんな男性教諭の恋人である男の子が、ぼんやりと見とれるように教壇を眺めている。

頬杖を突いて、目を細めて。

右手に持ったシャーペンは止まったままで。

本当に愛おしいものを見るような表情。

その少し間抜けな顔を見て、私もこんな顔で彼女を見ているのだろうか、とすこしおかしくなって、同時にとても、やるせなくなる。

彼女の恋は決して叶わない。

それをわかっていながら、彼女の笑顔を綺麗だと思ってしまう自分が酷く醜く感じる。

 

なっちゃん、また先生のこと見てたでしょ」

「えっ、わたし、そんなにあからさま?」

「かなり。先生見た時のなっちゃんの顔、めちゃくちゃとろけてるもん」

 

そんな会話が聞こえてくる。

なっちゃんというのは、彼女のあだ名だ。

親しげに話しているのは、彼女といつも一緒にいる、活発そうな女の子だ。

その子に半ば呆れ声でそう言われて、彼女は少し寂しそうに呟く。

 

「だってさあ……」

「だって、何?」

「好きだから、見ちゃうんだもん」

「ずっと見てたらストーカーみたいよ?」

「だって、わたしにはそれしかできないから」

 

ああ、と私は思う。

私は、自分の恋心を、どこかで否定していた。

同性である彼女に恋をしている自分を、彼女にときめいている自分自身を、気持ち悪いと思うことも何度もあった。

だけれど、やっぱり。

 

「いくら叶わなくても、届かなくても。好きになっちゃったら仕方ないのよ」

 

教室の喧騒を縫って聞こえてくる彼女の声が、私の脳内とリンクする。

諦めを含んだ笑みが、さらに私の心に火をつける。

 

(恋は盲目、か)

 

人を好きになること。

幸せでいてほしい、いつも笑っていてほしい、そう願うことが、れんあいかんじょうだ。

誰だって同じだ、女の子も男の子も。

彼女があの男性教諭に抱く気持ちと。

私が彼女に抱く気持ちはきっと同じで。

それが、どうしようもなく嬉しい。

恋愛に常識を求めるのは野暮で、それはきっとあの男の子だって同じことを思っているはずだ。

私はこの先もずっと、絶対、これ以上彼女に近付けない。

それでも、私と彼女の「恋」に関する考え方が同じということが知ることができて。

私は、そのとき、人生でいちばん、しあわせだと思ったのだ。

 

(貴女のことだけを考えて、私は生きている。)

 

 

 

 

 

なんつーか

なんだかなあ、な毎日だけど私は元気です。

なんつーかなあ……なんつーかばっかですけど……

成瀬は、いつも、ずっと、ちゃんと、頑張ってるんです!

ごめん。

要するに、なんつーかよくわかんねー記事です。

 

誰もやんねえからやってるだけなのにリーダーシップがあるとか言われます。

お前らがなんもやんねえからじゃん!

このままだんまり決め込んでてこの課題終わりますか!?終わりませんよね!?

誰かがやんなきゃいけねーんだよ!!

それなのに、終わったあとに文句言うんでしょー。

むしろそれが嫌だからやんないんでしょー。

どーでもいーや。忘れて。なんでもね。

 

雨が降ると水が染み込んでくる床を拭きまくる仕事してます。

雨漏り本屋です。

ボロいんです。

ごめんなさい。

 

子の刻になったので彼岸に行ってきます。

彼岸花が一番好きです。

甘い毒っていう言葉が似合います。

彼岸花の下には何かが埋まっています。

捨子花。

白も綺麗ですがぞっとするくらいに真っ赤な彼岸花が好きです。

 

なんつーか、なんつーかさあ、

もっとこうおもしろいと思ってたんだよこの世界は、

なのに全然面白くない私の思い通りになんない全然なんないむかつくしね、

このままじゃなんもしないまま死んでくよちくしょー、

とくにしたいことあるわけじゃないけどさ、

だから、なんつーか、なんつーかなんだよね。

 

もういいやさよなら此岸

さっきの

途中だったんです。すいません。下書きのつもりが。電車で乗り過ごしそうになってあわててスマホ閉じたらアップされちゃってた。

あわわわわ、さいあくやな、もっかい書きますので。

 

知らなかった人は知らなくていーよ!

知ってる人はないしょ。

ひみつだよ。

ひひひ。

 

午前ごじ

骨の髄まで愛してる

好きな人に優しくされるのは嬉しいんです。

でも、それ以外の人は割とどうでもいいんです。

あなた以外の人はいらないんです。

あなたがいれば何もいらない。

世界にふたりだけになればいいのに。

一生一緒にいるのは当たり前。

私があなたを好きなのも、あなたが私を好きなのも当たり前。

この世界がふつう。

私たちのふつう。

 

って、お互いが思っている共依存カップルが好きです。

病んでる女の子が大好きです。

男の子も好きだけど、女の子が大好きなんです。

私が好きなカップルは大抵病んでます。

妄想ですぐ病ませます。

だから私の書く恋愛小説はいつもほの暗いです。

最低でも片方は病ませたい。

 

あなたのためなら死んでもいいわ♡ってさ、一方的に言われるとちょっと引くけどさ、きみのためなら死んでもいいよ♡って思いあってたら素敵じゃないですか。

 

女「私の世界の中心はあなたで。」

男「僕の世界の中心もきみでできている。」

 

新海誠作品風に脳内再生してみてください。

記憶に新しい人多いでしょ、できるでしょ!できませんか、それは私が悪いな、ごめん

 

自覚があっても無意識でもいいです。

付き合い始めてからそうなっても、付き合う前からそうでもいいです。

むしろ付き合ってなくてもいいです。そこに愛があることにはかわりないんです。 

いちばん好きなのはね、お互いに割と深めの闇を隠してる男女が、ちょっとずつ仲良くなっていくうちにちょっとずつ相手の闇に気付き始めて、それがね、今まで出会った人の中でその人だけっていう唯一無二の存在で、でもふたりとも社会に適応できないタイプの人種だからどう接していいかわからないうちに友達以上恋人未満みたいな関係になってしまって、そこでようやく「彼は私のことをどう思っているんだろう」、「僕は彼女のなんなんだろう」とか思い始めて、改めて相手のことを考えた時に「ああ、私は、彼のことが好きなんだなあ」、「僕はずっと彼女に恋をしていたんだなあ」とか気付いてしまって、でも「この気持ちを伝えたらきっと今の関係が崩れてしまう」みたいなちょっと歪んだ思考になりはじめて、そういう時に決定的な事件が起きて、そこで初めて本当に相手のことが好きで好きで堪らなくてしょうがなくて苦しくて切なくてっていう気持ちが抑えられなくて、もうどうなってもいい、この恋が叶わなくてもいい、空回りでも一方通行でもいいから「きみが好きだと伝えたい」ってなるまでに1年くらいかかるとてももどかしい話が好き。

ちなみに今そんなものを書いている。

あらすじどころか全部書いちゃったね。

しかも長いね。ここまで全部読んだ人いたら偉いね。ありがとね。

これの大事なところが、お互いに同じことを思ってるってことで、悶々と日々を過ごす中で、相手が自分をなんとも思ってないと思いながらもどこかで気付いてる、彼が、彼女が、お互いに惹かれあってることを薄々気づいててでもそれをはっきりさせたくない、はっきりさせるのが怖い、あなたがどこかにいってしまいそうで、みたいな。

いつの間にかあなたが私の全てになっているのが、嬉しくて悲しくてこわいんです。

 

つまるところ共依存って素敵じゃないですか。

素敵なんですよ。

 ふたりだけのせかい。

ふたりにしかわからないせかい。

 

病んでるところを美化しないで愛したい。

病んでるとか鬱になりやすい人=繊細で感受性が豊かとか言うでしょ。

なんかいいイメージじゃない?

芸術家が〜作家が〜とかね。

まあそれは間違ってなくて。

でもそれを、本人がどう思ってるかっていう。

人それぞれ違うけどね。

私はクソみたいな特性だと思ってるよ。

被害妄想と自意識過剰を生み出す無駄な感性だよ。

いーところもないではないけどね。

まあなんていうか何が言いたいのかっていうと、あるレッテルを貼られた時に同時に付いてくる「ああいう人って自分のことを〜だと思ってるんでしょ?ないわ〜www」って思われる及び言われるのがなんかちょっとね、最近ね、癪に障る出来事がありまして。

私はね、そういう「どうせ思ってんでしょ」って言われることを、全然思ってないんですよ。

まあ私も意識高い系が苦手とかひとくくりにしちゃうので、ほんとに代表的な、大衆的なイメージで、全ての人がそれを意識してるかっていうとそんなことはまるでないでしょ。

要するに、なんつーか、誰かさんのせいで悪いイメージのついたジャンルにいるから、もうイメージだけで誰もが嫌悪する界隈だからね、でも実際はそんなこと思ってないんだよって。

だから、病んでても悲劇のヒロインにはしたくないし、それなりに自立していて、なんかもう何が言いたいのかわからなくなってきた、とりあえず病み女子を遠くから眺めてたい。

 

なんだこの性癖記事。

胃が痛くてバイトやすんでしまったよ。

しらねー台風だからでーじょぶだー

寝るのよ。

 

この素晴らしい世界に乾杯

世の中ってほんとにクソで面白い

核兵器原発?いじめ?自殺?性犯罪?不倫?政治家の悪行?ばくわら 

なんかもう、全部がどうでもいい世界だね

楽しいことはあるけどね

悲しいこともあるけどね

まあそんなこと、寝て覚めたらすぐに忘れんだよな

今は忘れたくないことでもそのうち忘れんだよ

イムリミットは平等で、人の感情も平等で、個体差なんてないんだよ

外見が違うから数が多いから名前という記号を背負ってただ存在してるだけの地球上の生物、そんだけ

そんだけじゃ面白くないから無理やり勝手に個性(笑)を見つけて全米が泣くようなドラマ仕立てて叩いたり燃やしたり自己顕示欲承認欲求存在意義を見出して泣いたり笑ったり

あほくさ

そんな世界で大切なもの見つけちゃって愛してるとかほざいちゃってそれがどうしようもなく自分の心を支配してるのも事実

あーあ、もう全てがオワコンの世界だね

みんな死ねばいい

ひとり残らず死ねばいい

ほんと、無意味な世界創っちゃったね、神様

息をいっぱい吸って、生きよう。

台風が全国ツアーしている模様。

明日の昼までに落ち着けば私は平和。

小春です。

 

今年の3月に買ったここさけ限定盤DVDの特典CDを今更ながらPCに取り込みました。

ミュージカルのお話とか歌詞とかががっつり載ってるブックレットとかもう堪りません。買ってよかった。

 

みんな君の名は。のレビューめっちゃ書いてますね。

読みたいけど読みたくない。

今週の金曜日に観に行くの。

映画とか漫画とか小説とか音楽とか他の人のレビューを見ちゃうと自分の感じたこととか感動したところとかが塗り替えられちゃう感じがして。

なるたけレビューは見ないようにしてます。

角川文庫も角川スニーカー文庫も買わなきゃいけない・・・明日伝票書こうかな。

でも今月はもうここさけ新刊買っちゃったしな。9月のお給金厳しくなっちゃうかな。

9月の19日は渋谷ラママにてあっぱのライブを観に行きます。母と。

東京事変、今はハイエイタスでも活動しているキーボーディスト、伊澤一葉氏のバンド、あっぱ。

ピアノ、ベース、ドラムの3ピースバンド。

こっちでは本名の伊澤啓太郎名義ですね。

私が初めて行ったのはソロライブで、その時同伴した母も好きになってくれて。

江古田のライブハウスでよくやるんですけど、毎回最前確保していて。

一回兄も連れていったけど気にいってくれて。

ほんとあの人電波だよ。

歌詞とか解読不能だし、MCも超マイペースだし、宇宙人にチップ埋め込まれたとか言い出すし。

でも滅茶苦茶なイケメンなんだよなあ。

 

f:id:abcb345:20160830012657j:plain

 

一番右。通称わっち。

ほんとに電波で意味解んないけど、わっちの音楽は優しくてどこか切ないメロディと堀田さんの迷いのないベースと一人さんのキレキレのドラムとわっちの感情豊かで繊細なピアノとが混ざって、どこか胸がきゅっとしたりときめいたりして、すごく、好き。です

 

あっぱ / ジプシー

 

私が最初に聴いて、死ぬほど感動した曲。

後半の展開が神がかっているよ。

 

 

ラシポ紀

ラシポ紀

 

 

「その透明シリアス」「乙女のソロ」「天井アフロ」などなど名曲揃いのアルバムです。

 

 

MANTRA

MANTRA

 

 

今のところ一番新しいアルバム。

これは本当に名盤。

今までライブではやるけど音源にはなっていなかった曲が多数収録。

「中二」「CHOICE JOY」「うつてあり」「迷える人よ」「SOS」「エイト」・・・選べない程名曲揃いだよ!!

中でも「中二」は、私が中学生の頃の気持ちそのまんまで。

 

もしもし 電話したくて 呼吸が苦しくなった

眩しい昼下がり 恋の歌

私は中学生 あなたの言葉に酔った

背伸びをしてもまだ届かない

 

なぜか遠くに見える 校庭を走る子供たち

笑ってばかりじゃない 確かに楽しむことは大事

だけど世界は終わり 誰も思いやれない時間が段々どんどん増えて

そういうこと考え始めなくちゃ

 

認めて 私を見て あなたは気づいてない

カラオケ 無人駅 一千万くれ

 

かつて大きな声で 父親が歌舞いたその意味がなんとなく

口笛と 人生と愛が幕を開ける

 

中二/あっぱ 

 

中学生で、大人に恋をすると、全てがかっこよくて、素敵に思えてさ。

背伸びしても届かないってわかってるけど、憧れとか恋とか。

同級生とかがこどもに見えて、だけどそんな世界もすぐに終わって、自分も大人になるんだなあって考え始めちゃって。

中学生って、思春期で多感で面倒くさいけど、大人になってからじゃ絶対に味わえない気持ちとかが詰まってるんだよね。

ちなみにこのアルバム、母に貸したら歌詞カード失くされた。

だから↑の歌詞も正しくないかもorz

未だに根に持ってるよ(^ω^)

 

電子煙草を買って、今日届くはずなのに、来なかった。

追跡したら、持ち戻りってなってた。

今まで表札出してなかったから行き違いというか届かない荷物とか手紙とか結構あって、でも旦那が表札出すの嫌がってて、そんなん知らねえよ!ってむかついたから適当に名字書いて郵便受けにはっつけておいた。

 

なんかちょっと小腹がすいたから、グラノーラ食べて寝る。

フルグラの美味しさは異常。

おやすみ。

 

 

感情に理由はないの、夢はじきに終わる

深夜ってどうしてこう取り留めのないことばかり考えてしまうんだろう、脳みそばかになったみたい。

 

名前は記号で個々を識別するものでそれ以上でも以下でもないのにね、惑わされて規制されて世界が狭くなって、そんなリアルの世界ではない名前を持たないノーリアルな世界はどこよりも禍々しくて毒々しくて優しくて、そんな居場所に救われてたのにね、私はまだその世界が愛しい。

 

夏は特別で、夏にしか味わえない感覚が沢山あって、毎年飽きもせずに同じ感情に囚われてしまうよ、夏は好奇心を煽るものばかりで、それは娯楽に関したことだけじゃなくて、夜明け、ほんのり明るい空、肌寒い空気に包まれて歩くコンビニまでの道、昼間、眩しい炎天下の下、ふと見上げれば怖いくらいに膨らんだ入道雲の白があって、夕暮れ、日が落ちてくる頃にオレンジに染まる山、蜩の声、夜、窓から差し込む月の光、鈴虫の音色が響く部屋に布団を敷いて、扇風機の風を受けながら明日もきっと今日と同じ夏なんだとか、ああ、これから何かが起きそうだなあという感覚が、一日中途絶えない。

何が起きるのかわからない、何が起きてもおかしくないような雰囲気なんだよ、なんだか夏はとっても神聖。

 

今日は金沢八景に夕焼けを見に行きました。

 

f:id:abcb345:20160827031158j:image

 

ぼーっと、ふたりでいるのにお互い何も話さずに、暗くなるまでただただずっと海を眺める、とても、しあわせ。

 

大森靖子の新譜を買いました。

 

 

ピンクメトセラ/勹″ッと<るSUMMER

ピンクメトセラ/勹″ッと<るSUMMER

 

 

凄くポップでとてもロックで、女の子だらけで可愛くて、なんだかちょっとノスタルジックな気持ちになってしまう、楽しい、切ない、大好き、死にたい、色んな感情が渦巻いてしまう、シングルだけどとても濃いです。

ゆるめるモ!のあのちゃんがゲストボーカルですよ。とっても可愛い。

アイドルとか、女の子そのものの存在に救われてる、きらきらしてて可愛さで溢れてて私には絶対できないことでみんなを幸せにしてる、本当に尊い。

靖子にゃんの曲に入るセリフ部分が死ぬほど好きで、勹″ッと<るSUMMERであのちゃんのどこか切ない呟きのようなセリフも聴けて本当に最高。

音楽というものの見方が唯一無二で、ステージでもネットの世界でもCDの中でも真摯で滅茶苦茶かっこよくて、そんな大森靖子という人間にとても魅力を感じます。

私の語彙力では到底表せないような、筆舌に尽くし難いような、そんな存在に、久しぶりに出会いました。

 

カラスは真っ白レコ発ツアー、10月20日の恵比寿LIQUIDROOMに参戦します。

初カラス。

最近の音楽シーン大丈夫?ってくらい好きなアーティストが増えていきます。

 

新海誠監督の映画、君の名は。上映始まりましたね。

来週の金曜日に行く予定です。

今日、ふらっと立ち寄った本屋さんで一番くじを引きました。

ポストカードでした。

また機会があれば引きたいです。

 

まだ届いていないけど、電子煙草を買いました。

色々と節約をして、電子ピアノを買おうと思っています。

ドビュッシーアラベスクを弾きたいの。

 

なんだか終わりが見えそうにないから、この辺で。

 

今日はどんな夢を見るんでしょうね。

夢でしか逢えない人がいます。

けんちゃんっていう小さい男の子です。

健気で純粋な男の子です。

最近、逢えていないから少しさみしいです。

 

たまにどうしようもなく逃げたくなるけれど、たとえどんな嫌なことがあっても、ここが、今いる世界が、今いる場所がやっぱり一番幸せだから、私はきっと、ああだこうだ言いながら今のまま生き続けるんだと思います。

「私、そろそろメンヘラ治ってると思う」って言ったら、

「小春は高校の時から大丈夫だよ」と笑われました。

そんな唯一無二の友達の言葉に救われて、自称余命が少ない彼女がいつまでも笑っていてくれることを願っています。

 

空が白む前に、おやすみなさい。

起きたら、また幸せな今日でありますように。