読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのうのこと

すてきなあの頃へ

なんならAmazonで買って

バイト中結構な頻度でよくわからない質問をされる。

「勉強する系の本ってありますか」

どういう勉強でしょうか……

「タイトルと著者わからないんですけどこんな感じ(ふわふわした説明)の本ありますか」

ググるから時間かかりますよ……

「ビジネスっぽい雑誌どこですか」

ビジネスの雑誌でいいですか……

「今何時ですか」

7時半です……

せんぱいは「トイレみたいなのありますか」って聞かれたことがあるらしい。

「トイレでいいですか」
「はい」

普通にトイレ貸してくださいって言えよ……

ぼんや〜りした情報しか持たずに本屋来て「店員さんに聞けばわかるかもしれない」みたいな希望持つのやめて……
店員さんもググってるから……そしてAmazonからISBN入手してるから…… 

挙句……

「時間かかります?じゃあいいです、急いでるんで」

やめて……モヤモヤする……
ほんとにその本読みたいの……?買ってくれるの……?店になかったらお取り寄せしてくれるの……?

「時間かかります?」
「只今お調べしております」

イラッとした顔しないで……不確かなこと聞いてるんだからそれ相応の時間は確保しといて……

「店に在庫ないですね」

ほらやっぱりみたいな顔やめて……

「ほかの店にはあるんですか?(イラッ)」

ごめんそれは本当に知らない……ほかの店に言って聞いてください……
こっちは必死に調べてるんだよ……そんなにイライラしなくてよくない……

あとたまにくるやつ。

「おすすめの雑誌はどれですか」

レストランか……
本日のおすすめはオレンジページですとかないから……そういうのやってないから……やめて……

今日はほんとに「もう帰って良くない」って全員思ってるくらいひまだった。
「もうカバー折らなくていいからこっちやって」って店長に頼まれた仕事がはたき掛けってあんた……シンデレラか……
1番暇な時にやるやつだしほこりアレルギーだからごほごほへっくしょんなるし嫌いなんだよ……
もうそんなの立ち読み始めるよね……カドフェスの冊子レジに持ち込んで読みたい本チェックしだすよね……

本屋の店員はなんでも知ってるわけじゃないよって話。