きのうのこと

すてきなあの頃へ

感情に理由はないの、夢はじきに終わる

深夜ってどうしてこう取り留めのないことばかり考えてしまうんだろう、脳みそばかになったみたい。

 

名前は記号で個々を識別するものでそれ以上でも以下でもないのにね、惑わされて規制されて世界が狭くなって、そんなリアルの世界ではない名前を持たないノーリアルな世界はどこよりも禍々しくて毒々しくて優しくて、そんな居場所に救われてたのにね、私はまだその世界が愛しい。

 

夏は特別で、夏にしか味わえない感覚が沢山あって、毎年飽きもせずに同じ感情に囚われてしまうよ、夏は好奇心を煽るものばかりで、それは娯楽に関したことだけじゃなくて、夜明け、ほんのり明るい空、肌寒い空気に包まれて歩くコンビニまでの道、昼間、眩しい炎天下の下、ふと見上げれば怖いくらいに膨らんだ入道雲の白があって、夕暮れ、日が落ちてくる頃にオレンジに染まる山、蜩の声、夜、窓から差し込む月の光、鈴虫の音色が響く部屋に布団を敷いて、扇風機の風を受けながら明日もきっと今日と同じ夏なんだとか、ああ、これから何かが起きそうだなあという感覚が、一日中途絶えない。

何が起きるのかわからない、何が起きてもおかしくないような雰囲気なんだよ、なんだか夏はとっても神聖。

 

今日は金沢八景に夕焼けを見に行きました。

 

f:id:abcb345:20160827031158j:image

 

ぼーっと、ふたりでいるのにお互い何も話さずに、暗くなるまでただただずっと海を眺める、とても、しあわせ。

 

大森靖子の新譜を買いました。

 

 

ピンクメトセラ/勹″ッと<るSUMMER

ピンクメトセラ/勹″ッと<るSUMMER

 

 

凄くポップでとてもロックで、女の子だらけで可愛くて、なんだかちょっとノスタルジックな気持ちになってしまう、楽しい、切ない、大好き、死にたい、色んな感情が渦巻いてしまう、シングルだけどとても濃いです。

ゆるめるモ!のあのちゃんがゲストボーカルですよ。とっても可愛い。

アイドルとか、女の子そのものの存在に救われてる、きらきらしてて可愛さで溢れてて私には絶対できないことでみんなを幸せにしてる、本当に尊い。

靖子にゃんの曲に入るセリフ部分が死ぬほど好きで、勹″ッと<るSUMMERであのちゃんのどこか切ない呟きのようなセリフも聴けて本当に最高。

音楽というものの見方が唯一無二で、ステージでもネットの世界でもCDの中でも真摯で滅茶苦茶かっこよくて、そんな大森靖子という人間にとても魅力を感じます。

私の語彙力では到底表せないような、筆舌に尽くし難いような、そんな存在に、久しぶりに出会いました。

 

カラスは真っ白レコ発ツアー、10月20日の恵比寿LIQUIDROOMに参戦します。

初カラス。

最近の音楽シーン大丈夫?ってくらい好きなアーティストが増えていきます。

 

新海誠監督の映画、君の名は。上映始まりましたね。

来週の金曜日に行く予定です。

今日、ふらっと立ち寄った本屋さんで一番くじを引きました。

ポストカードでした。

また機会があれば引きたいです。

 

まだ届いていないけど、電子煙草を買いました。

色々と節約をして、電子ピアノを買おうと思っています。

ドビュッシーアラベスクを弾きたいの。

 

なんだか終わりが見えそうにないから、この辺で。

 

今日はどんな夢を見るんでしょうね。

夢でしか逢えない人がいます。

けんちゃんっていう小さい男の子です。

健気で純粋な男の子です。

最近、逢えていないから少しさみしいです。

 

たまにどうしようもなく逃げたくなるけれど、たとえどんな嫌なことがあっても、ここが、今いる世界が、今いる場所がやっぱり一番幸せだから、私はきっと、ああだこうだ言いながら今のまま生き続けるんだと思います。

「私、そろそろメンヘラ治ってると思う」って言ったら、

「小春は高校の時から大丈夫だよ」と笑われました。

そんな唯一無二の友達の言葉に救われて、自称余命が少ない彼女がいつまでも笑っていてくれることを願っています。

 

空が白む前に、おやすみなさい。

起きたら、また幸せな今日でありますように。