読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのうのこと

すてきなあの頃へ

いちねん

このブログを始めて一年が経ったらしい。

はてなからメールがきた。

びびった。

色々あってそれどころじゃなかったし、まじか〜としか思わなかったけど。

時間は、流れているのだな、と思った。

 

ここ最近、割と自分勝手に生きている。

柊沢と遊んだり、ひとりで映画観に行ったり。

柊沢にハイキューとマギを借りて、カラオケでふたりして黙ってそれを読んでいた。

親友っぽいなと思った。

8月の誕生日プレゼントをあげた。

15年間誕生日を祝い続けているから、手紙に書くことがなかった。

なかったけど、書いた。

あいつは、たぶん、書かなくても言わなくてもわかる。

だから、書く。

よくわからないけど。

 

名古屋に日帰りで行ってきた。

結構くるかもな、と思ってたけど、あんまりこなかった。

いつかこうなるってわかってたし、むしろ、少し安心した。

久しぶりに兄に会った。

兄の運転は相変わらず酔わない。

夜の高速が、やっぱり好き。

 

色々、あって、生きていて、あの頃から何年経ったとか考えても詮無い日々で、あんまり楽しく無くて、ただ、終わらせるために生きているようで。

昨日が終って、明日が来て、今日になって、それも終って、全部過去になって、そうやって生きている。

楽しかろうがなかろうが、生きている。

それが、誰かのためになる。

愛しい人の、失いたくない人の、ためになる。

 

誰かに必要とされること、存在しているだけで喜んでもらえること、そういう人がいてくれること、自分にもいること。

 

そういうことを、よく考えたいちねんでした。

 

来年は、なにを得て、なにを失っているのか。

ちょっと怖くてちょっとたのしみ。

それが、時間なんだな。

 

愛をこめて。