きのうのこと

すてきなあの頃へ

情緒

ああ眠れない。

 

やあ

っていう人が好きです。

「やあ  これはこれは」

とかね。

やあ

って、穏やかだなー。

 

やあ

よう

の雰囲気じゃなくて

探し物をしているときに

「やあ  あったあった」

とかいう

要するに

中峰先生です。

 

あつい

寒い夜は

あついです。

布団の中が。

だから

 

うーん。違うなあ。

息の仕方を忘れたように苦しい

のは

なんでだろうね。

 

「喋れるのに喋らないのって疲れない?」

こういうことを、平気でいえる。

彼は、正しい。

笑った顔が、すてきなんだ。

夢で、ワイシャツを掴んだの、薄い背中、振り向いたら、綺麗だな、って、思った。

棚に飾られていた私の友達が、とても可愛かったの。

天使みたいだったの。

夢だから、夢なのに。

ああそういえば、けんちゃんは、元気かしらね。

 

月が

とか

星が

とか

夕焼けが

とか

否定されたら、嫌いになるよ。

 

いつも、嫌われていたい、そうしたら、深く考えない、だから、

 

だから、ねえ。

 

見えない電波飛ばして消えない人を夢に見た人を探してる探しても見つかんないのにずっと探してるじきに忘れてまた探す無限ループで吐きそうな甘い毒が味噌のない脳に回るああわからないわからない

 

ぶろぐ、けしたら、わたしは、いなくなって、

だれも、おぼえてないそんざいになるんだなって、

あたりまえだけど。

 

だれもいないよる

つめたい

しにそう

しんどいな

 

赤い光が待っていたりして

そこに辿り着くのは、誰の意志なのか。

 

おくすりふえたよ

また、わたしが、ふえるよ

わたしのしらないわたしが、わたしのなかでふえるよ

 

ああ、いやだ

くらいよる

いたいこと、したくなるね

 

なきそうなのになみだがでない。

枯れた

 

思いついた言葉を並べているだけでこんなに気持ち悪くなるのはなんでだろう

関係ないことばかり並べるから

宇宙=星だから宇宙人は星と同じ意味

っていう井浦くんの理屈

違うか

 

氷のようにつめたくなるから

あつい、あなたのとなりで

とける

いまいくよ

 

半分に割った欠片か

甘酸っぱい液体か

どっちがいい?

赤は、もう見ないと決めたのよ

 

ウケる