きのうのこと

すてきなあの頃へ

書店員の呟き!

「さいきんツイートしてない友達、元気かなあ、まあ元気でしょう」

SHINPIN/大森靖子

 

この歌詞がすごく好き。

なんかね、すっごくわかるんだ。

その程度の付き合いの人が増えるよねー

靖子にゃんにゃん愛してるなー

 

今電車なんだけど隣の人がガラケーで小説読んでるっぽい。同士かな?

私も今丁度ガラケー持ってる、書いていいかな?

でもガラケーってカコカコうるさいよねえ。

スマホが普及する前の電車ってあのカコカコ音で溢れてたよね。

私はあの音結構好きなんだけども!

 

なんか最近閉店間際の客注多くてしんどい。

しかも1冊じゃねーの。問屋にもねーの。出版社確認のやつばっか。なんなの!

 

取り寄せの目安としては、

 

問屋にある→2、3日で店着。

出版社にある→1週間~10日程度で店着。

出版社の在庫状況が分からない→出版社に確認、在庫ありだと1週間~10日程度で店着。在庫無し→速やかにお客様に連絡。

出版社で品切れ・重版未定→取れません!(どうしてもの場合出版社に確認、ダメ元)

絶版→諦めて!

 

今日は閉店20分くらい前に電話で3冊受けたけど、もう電話切ったら蛍の光で超焦ったよね。

あれ実は電話切った後の方が大変なんだよね、PCで調べ直して台帳書いて、担当の人に伝言のメモ書いて、全部終わった時には有線も電気も消えてたよね。

そっからレジ閉めも私待ちでただでさえ超申し訳ないのに計算間違えた上にマイナスだったからね。

15分残業ついたからいーけどね!

 

※ここまで書いて実家に着いた。

続けるよ!

 

客注3冊全部雑誌(昨年の)だったのだけど、雑誌のバックナンバーは出版社にないことも多いのでAmazonとかブックオフで買ってください。

メジャーなのは問屋に100とかある場合もあるけどね。

あと、雑誌のバックナンバーは自分で出版社に電話した方が早いかも。

 

でもまあ、この本ありますか〜って聞いてくれれば全力で探すので。

その際、正確な書名、著者、できれば出版社等の情報があれば大変スムーズです。

ISBM出してくれる人は神です。

新聞の切り抜き・Amazonの画面が便利。

 

あと、特定の著者の書籍をまとめて見たい方、基本書店は出版社・ジャンル別(文庫なら文庫コーナー、新書なら新書コーナー、新刊なら新刊台など)になってるので、「〇〇さんが書いた本はどこですか」と言われるとちょっと困ります。

「ご希望のタイトルは?」と聞いても「決まってないので一覧が見たい」と言うお客様にはその著者の書籍と店在庫を調べてメモしてから売り場を駆け回ってかき集めるので結構お時間掛かります。

 

1番困るのは「〇〇って感じのタイトルで確か〇〇さんが書いたような気がするやつなんですけど」です。

ググります。

 

ここ最近で1番困ったのが「年賀状キットの本だけ捨ててしまってCDROMだけ残っているのでその本がまた欲しいんです」って案件。

いや、アンタもう年明けてるよ???そんなものとっくにはけてるよ???

そして年賀状キットはマジで鬼のような数あるので探すの相当困難よ???

「出版社わかります?」→「わかんないです」→「写真のもの?イラストのもの?」→「多分写真だった気がする」→「うーん、ちょっと相当な数あるので……」→「あ、500円のやつでした!」

 

今は表紙に大々的に「ワンコイン!」とか書いてあるやつもあるので、まあ一応「年賀状キット 500円」とかで調べて引っかかったやつ片っ端から見せたけど、結局見つからず。

こーゆーの、お客さん帰った後にモヤモヤすんだよねえ〜!!

 

「多分」とか「〜っぽい」とか「みたいな」とか困るよ〜。

こないだ学生に「勉強する系の本ありますか?」って聞かれて笑いそうになった。なんの勉強だよ。とりあえず学参に通した。

 

あと、店が超混んでる時に外線の問い合わせで在庫確認してほしいって言われて、店在庫何冊かあったから売り場探したんだけど見当たらなくて、社員に聞いても「どこやったけなあ!?」みたいな感じで超時間かかりそうだったから「すいません折り返します申し訳ありません!」って一旦電話切ったあとすぐストック棚から出てきて、折り返そうとしたらレジが長蛇の列で、さばき終わって折り返したら取り置き頼まれてヨカッター!って思ってたら次の日「やっぱ昨日の本キャンセルで」って言われた時の……なんかもう……なんとも言えない悲しさ……虚しさ……

 

嬉しいこともありますよ。

都道府県の地図がどーっしても欲しい!っていうお客様がいらして、売り場にあるものでもご希望の地域が載ってなくて、唯一載ってるものが出版社で品切れ・重版未定で、でもどーっしても必要だから!って言われて、もーしょーがないので一応出版社確認してますねって言ったら「嬉しい!どこに行ってもなかったの!あなたのことは一生忘れないわ!お名前はなんていうのかしら?あら、美味しそうな名前ね!」って超大袈裟じゃね?って思ったけど嬉しかったす。マダム。食べ物の字入ってるけど別に美味しそうな名前ではない……

結局、担当の人が出版社確認してくれて、なんとね、あったんですよ。客注取れましたよ。

こういうこともたまーにあるよ。

 

お孫さんに贈り物をしたい年配のお客様と一緒に絵本選んであげたりね。

なんかあの、結構有名な文豪(忘れた)の短編を探してるお客様で、タイトル引いても出て来なくて、めっちゃググって、それが全集にしか入ってないやつだと判明して、そう伝えたらすごく感謝された。おじいちゃん。

パソコンとか、インターネットに触れない世代の方は、こう、こっちがぱぱっと調べてこれはああでこうで〜って説明するだけで喜んでくださる。

 

なんか本屋さんのこといろいろ書けて楽しかったな〜質問とかあれば答えられる範囲で答えますよ。ねえか。

 

今日は柊沢のおうちにお邪魔してバンプのDVD鑑賞会しまーす!!

多分おそ松とかユーリとかも強制で見せられる。布教……

宅配で来たハイキュー&マギ(約30冊)を返すために持ってきたよ……超重いよ……

 

Knightsのユニソン全部買ったけどその話はまたこんど。