きのうのこと

すてきなあの頃へ

どうせあたらないミサイルあたりそう

人に生まれたことを後悔するレベルで悲しいことが起きているなー、家族とか友達とか大切な人が傷付くのは嫌だ。その他はどうでもいい。世間とかも。

父親アルコール依存症で1回肝硬変で入院してその後も血吐いて倒れたんですけどお酒やめられなくて、プライドが高いから病院も嫌いで行かないし薬も飲まないし、でも単身赴任してるから家族でどうにかできなくて、心配で心配で、マジで死んじゃうかもしれないなって毎日思ってて、でも父親からくるLINEはいつも楽しげで遣る瀬無くなるなあ。本気で恨むことはもうないけど、その代わりに毎日毎日心配でどーしよーもなくてヤバい。私は自分が傷付くよりも大切な人が傷付くほうが耐えられなくて、いまはほんとそんな人がいるのに、それなのにいつもいつでも笑わなくちゃいけなくて、悲しいとかつらいとかあんまり言いたくないし悟られたくもないしわかってもらいたくもないからさ。でもなんか風呂入ってる時とか完全に1人の時に泣けてきちゃって、あーめっちゃダセェなあとか思いながら号泣しちゃって、それでもなんだかんだ楽しい日々をすごすなんていやだなあもう疲れたなあとか、思うのもめちゃくそキモくてダサくてヘラヘラヘラヘラするしかないんだよな!私は強い強いって思い込みながらさ、あーダサい。

ふとしたときの悲しみって本気で嫌んなる、だれも悪くないんだよだから余計に、ゆーうつ。久しぶりだわこんなかんじ。

なんも考えたくないから働きます