きのうのこと

すてきなあの頃へ

「変わってるよね」

毎朝起きて思う、今日もこの世界だ、って。

今日も、私にとって素晴らしいものは素晴らしくないし、私が嫌いなことばかりみんなが好きで、ああ、自意識過剰か、それがそうでもなくてさ、ハッキリ言われることもあれば、あまりにも異常なので自覚していることもあるし、参ったな、生まれる世界間違えたな、疲れたな、飽きたな。

目が覚めて、なんとなく一瞬そんなようなことが頭をよぎる。

あ、現実だ。

布団から出れなくて、出たくなくて、このまま、ずっと閉じこもってたいな、ずっとこのままがいい。このまま誰とも会わなければ何も見なければ何も、感情を動かさなければ、きっとなんとかなるかもしれない、今日をちゃんと生きていけるかもしれない、大丈夫かもしれない。生活はできない、でも、ただ生きていることはできるかもしれない、呼吸を止めない限り、私は生きている。そんなつもりないのに。多分私はとっくに死んでる。色んな意味で。

この世界に生まれて、私は何回か死んで、そのぶん何回か生まれ変わった。でも、核は死なない。壊れない。肉体は生きようとするのに、心は、脳はそれを拒否する。ちぐはぐに生きている。生かされている。ただ、生きてる。

その中で見つけた面白いもの、素敵なこと、好きなもの、大切なもの、私にとっては全部、誇らしいよ。私の中だけに留めておきたいよ。抱きしめて、どこにも行かないでって。そうしないと、すぐ消えてしまう。私の中のそれらが、外気に触れて、視線を浴びると、ほろほろと、溶けるみたいに、燃えるみたいに、灰になって消えてしまう。私はそれが、怖い。恐ろしい。とても、かなしい。

かなしい、こわい、つらい、しんどい、毎日そう思ってる、頑張って、人並みの生活をしてみると、案外できるし頑張れる、それでも、どこか、虚しいし、つかれた、なあ。

最近は、そんな毎日。

年末だってさ。早いね。

大好きな人に、もう二度と会えないのが、ずっとつらい。

死んじゃったら、会えないんだってさ。

もう二度と、会えないんだって。

もう二度と。

永遠に。

嘘みたいだな。

あんなに近くにいたのにさ。

 

躁鬱って一生治らないらしいよ。

だからこんなの全部気休めなんだあ、って笑いながら薬を飲んでる。

ほんとはそのあとちょっと泣く。

馬鹿みたいだろ。

馬鹿なんだけどさ。

 

頭の中が喧しい。

おかしくなったフリして今日は寝る。

切りてえけどやめる。

あくまでフリだから。

本当におかしくなったら自然とやるだろ。

 

さよなら、2019