きのうのこと

すてきなあの頃へ

もういちど、きみにあいたい

2年後に2年前の僕らを笑い飛ばせるように

っつーわけであの日から2年が経ち私は相変わらず笑ったり泣いたりしている

何も変わらないな2年じゃ

なんかまるであの日に取り残されてるみたい

そんなん誰も望んじゃいないのに

ちょっとずつ成長していければいいよね

成長というか前向きになれれば

そう思ってるはいるんだよ

でもあなたは余りにも大きな存在だったから

そんな簡単にいかないな

ごめん、やっぱり受け入れられない

スーパーで小さな兄妹が追いかけっこをしていた

「にいたん!」という声をきいて、私も「にいにい」って呼んでたな、って思い出した

にいにいが大好きで、遊びに行っちゃうのがイヤで、大泣きして引き止めたり自転車のカギを隠したりしたこととかもあったな

いつまでも思い出話ばかりして感傷に浸ってしまう私を兄は責めるかな

俺のことなんかもう忘れろよって嫌がるかな

なんでこんなことになってしまったんだろう

なんでこの世界はこんなにも生きづらいんかな

だめだこりゃ、話題変えるか。

 

って言っても書くことなんかないです。

それは私が今日も何となく生きてるからで嫌なことをシカトしてるからで要するに嫌な事しかねえんだろうな基本

なんで!こんな大人もうやだ飽きた

 

エロ本読も